牡 鹿毛

ゴールデンプライズの2021 イスラボニータ フジキセキ
イスラコジーン
ゴールデンプライズ ホワイトマズル
タッチフォーオールド
  

父イスラボニータ、母ゴールデンプライズの牡馬が生まれました。

母ゴールデンプライズはJRAで2勝。3勝クラスでも上位争いした実力馬です。
祖母タッチフォーゴールドの子孫は活躍馬多数で、中山金杯の勝ち馬であるタッチミーノットをはじめ、重賞で2着の実績があるピークトラム、ダートで連勝を重ね、オープンまで出世したベストタッチダウンなどがいます。

父イスラボニータは初年度産駒が今年デビュー。その血を受け継ぎ、早い時期から能力を発揮できる産駒が期待できそうです。
母の父となるホワイトマズルはBMSとしても優秀で、ミッキーグローリー、スマートレイアー、カツジ、アスカリーブル、センチュリオンなど、重賞馬が目白押し。底力のある証です。

新馬カテゴリー