ユキノレッシャの2021

ユキノレッシャの2021

牝 黒鹿毛安達牧場の出産シーズンもラストスパートです。父モーニン、母ユキノレッシャの牝馬が生まれました。 父モーニンは日高の横綱種牡馬と言っても過言ではないヘニーヒューズの直子。非常に人気のある種牡馬で、初年度から190頭と交配しました。これだけの牝馬を集めれば、成功への道は明るいと想像します。その中に未来の重賞馬も多く含まれていることでしょう。...

続きを読む
ランデックギブリの2021

ランデックギブリの2021

牝 黒鹿毛北海道はちょうど桜が咲きました。桜の名所・二十間道路(隣町の新ひだか町)には大勢の桜見物客が来ています。そうした中、父イスラボニータ、母ランデックギブリの牝馬が生まれました。桜花賞候補の一頭の誕生です。父イスラボニータは今年、初年度産駒がデビューします。どのような結果となるか楽しみです。ファンも多い馬なので、産駒にも大きな応援が届くことと思います。...

続きを読む
セトカの2021

セトカの2021

牝 鹿毛出産もあと少しとなってきました。北海道新冠町も、桜前線が来ています。さて、そうした中で父ベストウォーリア、母セトカの牝馬が生まれました。顔に大きな星があります。...

続きを読む
ゴールデンプライズの2021

ゴールデンプライズの2021

牡 鹿毛父イスラボニータ、母ゴールデンプライズの牡馬が生まれました。 母ゴールデンプライズはJRAで2勝。3勝クラスでも上位争いした実力馬です。祖母タッチフォーゴールドの子孫は活躍馬多数で、中山金杯の勝ち馬であるタッチミーノットをはじめ、重賞で2着の実績があるピークトラム、ダートで連勝を重ね、オープンまで出世したベストタッチダウンなどがいます。...

続きを読む
マロンパンナの2021

マロンパンナの2021

牝 栗毛父スマートファルコン、母マロンパンナの牝馬が生まれました。父母と同じく栗毛で、母の初子になります。 母は園田で3勝。500kgある大型馬で、ダートを得意としました。母系は朝日杯3歳Sを制したマイネルマックスと同じで、さかのぼれば日本中でブームを巻き起こした名馬ハイセイコーの血を引きます。 父スマートファルコンは言わずもがな、ダートで一時代を築いた馬ですね。近年、交配頭数は減っていますが、今年は産駒オーヴェルニュが東海Sを優勝。再び人気上昇となる種牡馬かもしれません。...

続きを読む
アウレットの2021

アウレットの2021

牝 鹿毛父アメリカンペイトリオット、母アウレットの牝馬が生まれました。 母アウレットにとって初子になります。母は競走馬時代、未勝利ですが、血統は優秀。4代母ハイホークはシェイク・モハメドの所有馬として走り、イタリアのGⅠを勝利。第3回ジャパンカップにも出走した名牝です。その子孫、末裔からは多くの活躍馬が出ています。 母の父は日本ダービー馬タニノギムレット。種牡馬は引退しましたが、BMSとしてパフォーマプロミスやオーヴェルニュ、ブレスジャーニーが好成績を収めています。...

続きを読む
ゴールドエンジェル の2021

ゴールドエンジェル の2021

牝 栗毛父トゥザワールド、母ゴールドエンジェルの牝馬が生まれました。派手な流星がチャームポイントです。 母にとっては3年ぶりの子の誕生となりました。生まれた子の全姉にはJRAで2勝しているコスモアンジュがいます。コスモアンジュは優れたスピードを生かして、芝1200mで2勝。レベルの高いJRA・2勝クラスでも連対を果たしており、このクラス卒業も近そうです。 父であるトゥザワールドはバランスの良い体型で、産駒は芝・ダート問わず活躍しています。...

続きを読む
ツルマルアイの2021

ツルマルアイの2021

牝 鹿毛父ビッグアーサー、母ツルマルアイの牝馬が生まれました。 母ツルマルアイは競走馬時代、中央・未勝利ですが、入着が6回あり、勝ち上れる実力は十分あった馬です。半兄には重賞馬で、4億4000万円以上を獲得したアイポッパーがいます。母としては中央4勝のコウエイダリアを生んでいます。...

続きを読む
プロジェクションの2021

プロジェクションの2021

牡 鹿毛父ミッキーグローリー、母プロジェクションの牡馬が生まれました。 母プロジェクションは名牝ダイナアクトレスの末裔となります。祖母は桜花賞3着のプライムステージで、クラシックを意識させる母系です。初子のエスポワールシチーの牡馬は、サマーセールで550万円の値がつき、さっそく評価をされています。この馬は母の3番目の子となります。...

続きを読む
ユキノレッシャの2021

ユキノレッシャの2021

牝 黒鹿毛安達牧場の出産シーズンもラストスパートです。父モーニン、母ユキノレッシャの牝馬が生まれました。 父モーニンは日高の横綱種牡馬と言っても過言ではないヘニーヒューズの直子。非常に人気のある種牡馬で、初年度から190頭と交配しました。これだけの牝馬を集めれば、成功への道は明るいと想像します。その中に未来の重賞馬も多く含まれていることでしょう。...

ランデックギブリの2021

ランデックギブリの2021

牝 黒鹿毛北海道はちょうど桜が咲きました。桜の名所・二十間道路(隣町の新ひだか町)には大勢の桜見物客が来ています。そうした中、父イスラボニータ、母ランデックギブリの牝馬が生まれました。桜花賞候補の一頭の誕生です。父イスラボニータは今年、初年度産駒がデビューします。どのような結果となるか楽しみです。ファンも多い馬なので、産駒にも大きな応援が届くことと思います。...

セトカの2021

セトカの2021

牝 鹿毛出産もあと少しとなってきました。北海道新冠町も、桜前線が来ています。さて、そうした中で父ベストウォーリア、母セトカの牝馬が生まれました。顔に大きな星があります。...

ゴールデンプライズの2021

ゴールデンプライズの2021

牡 鹿毛父イスラボニータ、母ゴールデンプライズの牡馬が生まれました。 母ゴールデンプライズはJRAで2勝。3勝クラスでも上位争いした実力馬です。祖母タッチフォーゴールドの子孫は活躍馬多数で、中山金杯の勝ち馬であるタッチミーノットをはじめ、重賞で2着の実績があるピークトラム、ダートで連勝を重ね、オープンまで出世したベストタッチダウンなどがいます。...

マロンパンナの2021

マロンパンナの2021

牝 栗毛父スマートファルコン、母マロンパンナの牝馬が生まれました。父母と同じく栗毛で、母の初子になります。 母は園田で3勝。500kgある大型馬で、ダートを得意としました。母系は朝日杯3歳Sを制したマイネルマックスと同じで、さかのぼれば日本中でブームを巻き起こした名馬ハイセイコーの血を引きます。...

アウレットの2021

アウレットの2021

牝 鹿毛父アメリカンペイトリオット、母アウレットの牝馬が生まれました。 母アウレットにとって初子になります。母は競走馬時代、未勝利ですが、血統は優秀。4代母ハイホークはシェイク・モハメドの所有馬として走り、イタリアのGⅠを勝利。第3回ジャパンカップにも出走した名牝です。その子孫、末裔からは多くの活躍馬が出ています。...

ゴールドエンジェル の2021

ゴールドエンジェル の2021

牝 栗毛父トゥザワールド、母ゴールドエンジェルの牝馬が生まれました。派手な流星がチャームポイントです。 母にとっては3年ぶりの子の誕生となりました。生まれた子の全姉にはJRAで2勝しているコスモアンジュがいます。コスモアンジュは優れたスピードを生かして、芝1200mで2勝。レベルの高いJRA・2勝クラスでも連対を果たしており、このクラス卒業も近そうです。...

ツルマルアイの2021

ツルマルアイの2021

牝 鹿毛父ビッグアーサー、母ツルマルアイの牝馬が生まれました。 母ツルマルアイは競走馬時代、中央・未勝利ですが、入着が6回あり、勝ち上れる実力は十分あった馬です。半兄には重賞馬で、4億4000万円以上を獲得したアイポッパーがいます。母としては中央4勝のコウエイダリアを生んでいます。...

プロジェクションの2021

プロジェクションの2021

牡 鹿毛父ミッキーグローリー、母プロジェクションの牡馬が生まれました。 母プロジェクションは名牝ダイナアクトレスの末裔となります。祖母は桜花賞3着のプライムステージで、クラシックを意識させる母系です。初子のエスポワールシチーの牡馬は、サマーセールで550万円の値がつき、さっそく評価をされています。この馬は母の3番目の子となります。...

新馬カテゴリー