スーの2022

牡 栗毛

スーの2022 トゥザワールド キングカメハメハ
トゥザビクトリー
スー スキャン
ラッキステージ
  

母スーの子が誕生しました。元気な牡馬です。

父トゥザワールドは優駿スタリステーション繋養種牡馬で、2019年のNAR新種牡馬ランキング1位、2020年のNARセカンドクロップサイアーランキング1位の種牡馬です。自身は芝で活躍しましたが、産駒はダート適性のある馬も目立ち、大井重賞2勝のワールドリングや、ハイセイコー記念3着のチョウライリンなどがいます。また、当牧場はトゥザワールドと相性が良く、そのうちの一頭である生産馬コスモアンジュは中央競馬で3勝し、現在は3勝クラスで上位争いしています。すでに6000万円近い賞金を獲得しました。

母であるスーはスキャンの肌で、現役時代は大井競馬場で9勝。ダート短距離戦を得意として、当時、地方競馬所属だった戸崎騎手と相性の良い馬でした。

母系は8代さかのぼって日本産血統で、サンデーサイレンスの血が入っていないので、サンデー系とかけ合わせやすい母馬です。これまでの産駒はすべてサンデーサイレンスの血を持った種牡馬となっています。

母の父スキャンは種牡馬としてダートを得意とする産駒を送り出しました。BMSとしても優秀で、カフジテイクやワイドバッハ、メイショウマシュウといったダート重賞馬がいます。丈夫で好調期間が長い印象です。

新馬カテゴリー