オルレアンシェリの2022

牝 栗毛

オルレアンシェリの2022 ミスターメロディ Scat Daddy
Trusty Lady
オルレアンシェリ ハービンジャー
ラフェクレール
  

今年も安達牧場では出産が始まりました。

第1号は母オルレアンシェリの牝馬です。2月12日に生まれました。

父は今年、初年度産駒が誕生するミスターメロディ。高松宮記念の覇者で、現役時代は芝・ダートで抜群のスピードを発揮しました。その父スキャットダディは世界で結果を残した種牡馬で、その直子には米国3冠馬ジャスティファイ、仏国2歳牡馬チャンピオンのノーネイネヴァー、日本馬参戦でもおなじみUAEダービーを制したメンデルスゾーンなどがいます。ミスターメロディ自身は昨年174頭と種付けし、種牡馬としてもロケットスタートを切りました。その血を受け継いだ一頭がこのオルレアンシェリ2022となります。
母オルレアンシェリはハービンジャー肌で、今回が初産でした。ですから、生まれた仔馬は初子になります。無事に初めての出産を終えて、お母さんとしての第一歩を踏み出しました。3代母アドマイヤマカディはアドマイヤコジーンの母で、スピード色の濃い母系となっています。ハービンジャーは母の父として重賞馬メイケイエールや、ダービーTRプリンシパルSの勝ち馬バジオウを送り出しています。
オルレアンシェリは競走馬としては入着が最高で、勝つことはできませんでしたが、ダービー馬コントレイルやロジャーバローズは、母未勝利馬の子です。オルレアンシェリも繁殖牝馬として一矢報いたいところです。

新馬カテゴリー