セプテンバーセール2022上場予定馬のご案内

セプテンバーセール2022上場予定馬のご案内

安達牧場より北海道市場2022セプテンバーセールに上場致します。

日程 2021年9月20日(火)~ 22日(木)

会場 北海道市場(新ひだか町静内神森)

日高軽種馬農業協同組合北海道市場セプテンバーセール2022ページはこちら

2019年度に新設されたサラブレッド1歳市場です。
初回から早くも、2020年度の東京2歳優駿牝馬やローレル賞や2021年度の桜花賞(浦和)を制したケラススヴィア(2019年度取引馬)、2020年度鎌倉記念を制したリーチ(2019年度取引馬)、2020年度ラブミーチャン記念を制したラジアントエンティ(2019年度取引馬)、2020年度園田ジュニアCを制したツムタイザン(2019年度取引馬)、2021年度ユングフラウ賞を制したウワサノシブコ(2019年度取引馬)、2021年度若草賞を制したパールプレミア(2019年度取引馬)などが、そして2年目の取引馬からも、2021年度フルールCを制したスティールルージュ(2020年度取引馬)などの活躍馬が出ています。

2021年度は、インターネットを利用したせり上げ(オンラインビッド)方式が導入され、「通常せり+オンラインビッド」によるハイブリッド方式での開催となりました。

安達牧場より上場する産駒は下記となります。

メイプルチャンス2021 牡 上場番号281番

メイプルチャンス2021

セプテンバーセール2022、安達牧場生産の上場馬を紹介します。

セール2日目、281番、メイプルチャンス2021です。父はベストウォーリアです。

母メイプルチャンスはアドマイヤムーン肌で、祖母メイプルスプリングはダートグレード競走クイーン賞の勝ち馬で、通算5200万円を獲得。また、母の半弟メイプルレインボー(父カネヒキリ)はJRAで準オープンまで出世し、6700万円を獲得しました。アドマイヤムーンはBMSとしても好結果を出し始めており、今年のエプソムカップを勝ったノースブリッジ、昨年の優駿牝馬オークス3着のハギノピリナ、今年のアンタレスSで3着のニューモニュメントらがいます。

父ベストウォーリアは馬産地で人気の種牡馬で、初年度産駒は2歳。まだ9月の段階で50頭がデビューし、12頭が勝ちました。早期デビュー率、勝ち上がりも上々です。地方競馬のファーストシーズンサイアー、現時点で2位がサマーセール2022で大人気のシャンハイボビー、3位がインカンテーション、そして、1位がベストウォーリアです。

生まれたときのページはこちら

 

ゴールデンプライズ2021 牡 上場番号356番

ゴールデンプライズ2021

ゴールデンプライズ2021(牡馬)もセール2日目に登場します。上場番号は356番です。この日は396番で終了なので、やや遅い時間帯での上場となりますが、ぜひご注目ください。

父はイスラボニータで、母はゴールデンプライズ、母の父ホワイトマズルという血統です。カタログのセンターをご覧ください。重賞馬タッチミーノット、それから重賞で何度も好走歴のあるピークトラムの名前が光ります。血統的には芝で見てみたい一頭です。

この馬の半兄ブラビオ(父ルーラーシップ)はセレクションセール取引馬で、現在7戦2勝。JRAの2勝クラスにいます。勝ち星はともにダート戦ですが、芝の新馬戦では4着に入っている馬でもあります。

ホワイトマズルはBMSとしてスマートレイアー、ミッキーグローリー、カツジ、ブレイキングドーンなど、重賞馬を多数送り出しています。約30年前になりますが、伊ダービー馬で、凱旋門賞、キングジョージでも好走した馬。底力がありますね。

生まれたときのページはこちら

サマーセール2022ありがとうございました

サマーセール2022ありがとうございました

レイバーリフォーム2021

サマーセールが終了しました。2日目が雨に見舞われましたが、それ以外はお天気も良く、購買者の皆さんでにぎわっていました。

安達牧場では8頭上場しまして、7頭を落札していただきました。御礼申し上げます。

パトリツィア2021 星野裕介 様
ピサノロマン2021 嶋田武彦 様
プロジェクション2021 古賀禎彦 様
ランデックギブリ2021 小林裕典 様
レイバーリフォーム2021 ㈱キャピタルシステム 様
レッドスピリッツ2021 曽根正 様
アイアムエレガント2021 (主取り)
エヴァンジェリン2021 木村良明 様

当牧場の生産馬をご覧いただき、競って頂いた皆さま、ありがとうございました。

この度、ご縁のあったオーナーの皆さま、今後ともよろしくお願いいたします。

中でも最も高く評価いただいたレイバーリフォーム2021は3080万円の値がつきました。
全体の上場馬(約1300頭)の中でもベスト10に入る結果です。
大きな励みとなっています。

レイバーリフォーの2021

 

 

 

 

←こちらがレイバーリフォーム2021が生まれた時の写真です。

立派に育ってくれました。

 

レイバーリフォームの2021

 

2022年サマーセールに上場します

2022年サマーセールに上場します

安達牧場より北海道市場2022サマーセールに上場致します。 日程 2022年8月22日(月)~ 26日(金) 会場 北海道市場(新ひだか町静内神森) 日高軽種馬農業協同組合北海道市場サマーセール2022ページはこちら サマーセールは上場頭数1千頭を超える国内最大規模のサラブレッド1歳市場です。 非常にバリエーションに富む内容となっており、玄人購買者には特に魅力的な市場として定評があります。 安達牧場より上場する産駒は下記となります。

パトリツィア2021 牡 上場番号887番

8月25日木曜日、上場番号887番、パトリツィア2021、牡馬です。
父はシュヴァルグランです。父譲りの雄大な馬格を受け継ぎました。シュヴァルグランは遺伝力の強い種牡馬のようです。サマーセールはダート馬を求めている購買者が増えていますが、「中央競馬で活躍できる芝馬を」という方もいらっしゃるでしょう。そうした方には是非ご覧いただきたい一頭です。除外の少ない芝中長距離戦で、長く稼いでくれることを期待しています。父によく似ていることと、もう一点強調したいのは母の父キングズベストという点です。日本ではやや期待先行だったかもしれませんが、昨今、ショウナンバルディ、ミスニューヨーク、トーラスジェミニらが芝中距離重賞で好勝負しています。ワークフォース、エインシンフラッシュを送り出した父として、底力のあるBMSも長所です。

ピサノロマン2021 牡 上場番号903番

8月25日木曜日、上場番号903番、ピサノロマン2021、牡馬です。

父トゥザワールドは芝ダートで産駒が活躍しています。当牧場では中央3勝クラスで上位争いしているコスモアンジュがトゥザワールド産駒で、相性が良いです。この馬も父同様、まとまりのある体つきをしています。

母ピサノロマンは日経新春杯の勝ち馬トップコマンダーの全妹という血統。子出しは良く、シゲルシャチョウが中央の特別戦入着、ラクテが南関東で7勝をマークし、4000万円の賞金を獲得しています。名簿が示す通り、他にも勝ち上がっている産駒が多く、安定感のある母馬です。

レイバーリフォーム2021 牡 上場番号992

8月25日木曜日、上場番号992番、レイバーリフォーム2021、牡馬です。

馬産地ですっかり人気種牡馬、シルバーステート産駒の登場です。産駒は牝馬クラシックを盛り上げたウォーターナビレラを筆頭に、ダービーTRを勝ったセイウンハーデス、重賞やリステッドレース連対馬がいます。新馬、2戦目であっさりと勝ち上がる馬が多いですね。これから種付け料が上がる可能性も十分です。本馬も父同様、青鹿毛の好馬体。皮膚が薄く、素軽い動きを見せています。2月生まれで、順調ならば2歳戦の早期デビューも期待できるでしょう。

母はルーラーシップ肌で、重賞馬クラフトワーク、クラフトマンシップらと同じ一族となります。血統表を見れば、ノーザンテースト、パドスール、ジェイドロバリー、フジキセキ、ルーラーシップと、社台スタリオンステーションを彩ってきた種牡馬が並びます。

アイアムエレガント2021 牡 上場番号1017番

8月25日木曜日、上場番号1017番、アイアムエレガント2021、牡馬です。

父サンダースノーはドバイワールドカップ連覇の世界王者です。柔らかい動きを見せていて、産駒は日本の馬場適性も高そうに感じます。サンデーサイレンス系と交配しやすさもあり、一気にリーディング上位へ台頭する可能性のある種牡馬です。この1歳世代が日本での初年度産駒になります。

母アイアムエレガントは千葉セリ出身馬で、2730万円の高額取引でした。中央では新馬勝ちを含めて3勝(ほかにジャンプレース、地方交流戦)。さらに、カタログのセンターにご注目ください。ジャパンダートダービーの覇者マグニフィカ、浦和・桜花賞3着エロージュの名前があります。実績十分の母系です。

レッドスピリッツ2021 牡 上場番号1009番

8月25日木曜日、上場番号1009番、レッドスピリッツ2021、牡馬です。 

モーニンの初年度産駒、安定感のあるヘニーヒューズの孫世代です。父譲りの栗毛の馬体、じっくりとご覧ください。パンチのある馬に育っています。

母レッドスピリッツはキャリア1戦で引退。3番人気に推されるほどで、能力を秘めていたことと思います。祖母ドメーヌはチリのG1馬(2歳牝、芝1600㍍戦のレース勝利)という良血です。

母の父マンハッタンカフェはBMSとしても結果を出しています。昨年のチャンピオンズカップ覇者のテーオーケインズをはじめ、今年の帝王賞を勝ったメイショウハリオ、芝短距離の重賞馬レイハリア、今年の天皇賞・春3着テーオーロイヤルがそうです。

エヴァンジェリン2021 牝 上場番号1035番

8月25日木曜日、上場番号1035番、エヴァンジェリン2021、牝馬です。

この日は1042番で終了になるので、だいぶ後ろの順番となりますが、是非チェックしていただければと思います。遅い時間でセリを離れる購買者も増え、お買い得なタイミングかもしれません。

エヴァンジェリンの1歳は今年、初年度産駒がデビューするマインドユアビスケッツの産駒となります。マインドユアビスケッツはドバイゴールデンシャヒーンを連覇した馬で、ダートの優れたスプリンターです。先々、JBCスプリントやフェブラリーSに産駒が出てくることでしょう。

強調点をもう一つ、この馬の母の父はダイワメジャーです。今年になって、BMSとして活躍が顕著です。ダート路線で牡馬にも負けないショウナンナデシコをはじめ、チューリップ賞の勝ち馬ナミュール、関東オークスやブリーダーズゴールドカップを制したグランブリッジがそうです。今後、馬選びで注目してみてはいかがでしょうか。

セプテンバーセール上場予定馬のご案内

セプテンバーセール上場予定馬のご案内

サマーセールが終わったばかりですが安達牧場より北海道市場2021セプテンバーセールに上場致します。

日程 2021年9月21日(火)~ 22日(水)

会場 北海道市場(新ひだか町静内神森)

日高軽種馬農業協同組合北海道市場セプテンバーセール2021ページはこちら

セプテンバーセールは2019年度に新設されたサラブレッド1歳市場です。
初回から早くも、2020年度の東京2歳優駿牝馬やローレル賞や2021年度の桜花賞(浦和)を制したケラススヴィア(2019年度取引馬)等の活躍馬を送り出しています。

安達牧場より上場する産駒は下記となります。

プロジェクション2020 牝 上場番号506番

projection2021

シニスターミニスター×プロジェクション 牝 上場番号 506番

プロジェクション2020は父シニスターミニスター、母プロジェクションという血統の牝馬です。

父のシニスターミニスターは1歳市場で人気の高い種牡馬で、ダートで一時代を築いたサウスヴィグラスの後継的存在として、産駒をチェックしている方は多いことと思います。昨年のJBC2歳優駿の覇者で、今年のホッカイドウ競馬3冠を達成したラッキードリームは、その産駒の一頭であり、北海道市場の取引馬(価格は831万6000円)でした。

本馬もシニスターミニスター産駒らしい雄大な馬で、パワフルな動きを見せています。

母系は名牝ダイナアクトレスの流れで、母の父はダービー馬メイショウサムソン、さらにはジャパンカップの覇者エルコンドルパサーの血も入っており、底力十分な血統です。また、サンデーサイレンスの血が遠いことから、将来繁殖牝馬としての魅力も高いでしょう。

飼養先であるクラックステーブルは、岩手競馬でトップクラスの成績を残しているマツリダスティール(地方重賞4勝)や、佐賀競馬の女王ミスカゴシマ(地方重賞7勝)を手がけた牧場です。本馬もダートのマイル~中距離で好成績を期待したいです。

詳細情報はこちら

 

イエスマイダーリン2020 牡 上場番号355番

イエスマイダーリン2020

モンテロッソ×イエスマイダーリン 牡 上場番号355番

イエスマイダーリン2020は父モンテロッソ、母イエスマイダーリンの牡馬です。

父モンテロッソはドバイワールドカップの覇者。JBBA静内種馬場で種牡馬生活を送るマクフィと同じくドバウィの直子となります。

モンテロッソの産駒は芝・ダートで実績を伸ばしており、昨年はラセット、リュヌルージュが中央の芝重賞で連対を果たしました。地方ではトキノパイレーツやリンゾウチャネルが重賞を制しています。
母イエスマイダーリンは競走馬時代に1勝。小倉ダート1000㍍で59.2の好タイムを出して、先頭ゴールしました。キングカメハメハ産駒らしく芝ダート問わず、距離適性も幅広いタイプです。3歳春のデビュー時、馬体重は522kgあり、牝馬ながら大柄でした。

母の父は名種牡馬キングカメハメハ。BMSとしても優秀で、デアリングタクト、ソダシ、インディチャンプ、ブラストワンピース、ワグネリアン、モズカッチャンといったG1馬を送り出しています。今年のセプテンバーセールで「母の父キングカメハメハ」の1歳馬は530頭のうち19頭がエントリーしています。

詳細はこちら

 

2021サマーセールはじまります。

2021サマーセールはじまります。

安達牧場より北海道市場2021サマーセールに上場致します。

日程 2021年8月23日(月)~ 27日(金)

会場 北海道市場(新ひだか町静内神森)

日高軽種馬農業協同組合北海道市場サマーセール2021ページはこちら

サマーセールは上場頭数1千頭を超える国内最大規模のサラブレッド1歳市場です。
非常にバリエーションに富む内容となっており、玄人購買者には特に魅力的な市場として定評があります。

安達牧場より上場する産駒は下記となります。

セトカ2020 牡 上場番号869番

フリオーソ×セトカ 牡 上場番号 869番

父フリオーソは言わずもがな、地方競馬で一時代を築いたスターホース。ブライアンズタイムの後継種牡馬で、サンデーサイレンスの血を持たない血統背景や、堅実な産駒成績から、長らく人気種牡馬の座についています。産駒の一頭、ヒカリオーソは東京ダービーを優勝し、優に1億円を超す賞金を稼ぎました。安定感もさることながら、特大アーチも期待できる種牡馬です。

母セトカは地方2勝で、本馬が初子となります。特筆すべきは4代母で、地方競馬の名牝ロジータの名があります。ブラックタイプをご覧の通り、その末裔は活躍馬がズラリと並びます。

加えて、本馬の血統にはダートのリーディングを彩っているシニスターミニスター、クロフネといった馬の血もかけ合わさっており、血統的にも強く推したい一頭です。

本馬はバランスに優れた馬で、夏を迎えて肉づきも良くなってきました。フリオーソの産駒は使いつつ、確実にパワーアップする馬が目立っており、本馬も長い目で楽しめる馬、馬主孝行な馬になってくれると想像しています。

ユキノレッシャ2020 牡 上場番号700番

ベストウォーリア×ユキノレッシャ 牡 上場番号700番

ベストウォーリアの初年度産駒になります。

ベストウォーリアはマジェスティックウォリアーの直子で、現役時代はマイルチャンピオンシップ南部杯や出世レースのユニコーンSを優勝。G1でも連対を果たし、ダート短距離~マイルの一流馬として名をはせました。サンデーサイレンスの血を持たない種牡馬として馬産地では需要が高く、初年度から2年連続で150頭を超す繁殖牝馬を集めました。

母ユキノレッシャはフジキセキの肌で、競走馬時代は中央で2戦。勝ち上がることはできませんでしたが、新馬戦の鞍上はレジェンド、武豊騎手でした。繁殖牝馬となり、産駒スノーガーデンは中央で勝利。2歳重賞ファンタジーSにも駒を進めました。

母の半姉レディーノパンチも競走馬としては未勝利(不出走)でしたが、その産駒からは今年、カラテが東京新聞杯を制しました。3代母はゴールデンサッシュで、あのステイゴールドと同じファミリー。母系の特徴からは息長い活躍を期待できます。

本馬は父に似た馬体つきで、前向きで、力強い歩様を見せています。母の父フジキセキの血統からは、サウンドトゥルーやホワイロフーガといったダートのチャンピオンホースが現れており、おそらくダート適性の高い一頭と言えます。

パレスメダーリア2020 牝 上場番号624番

サトノクラウン×パレスメダーリア 牝 上場番号 624番

父サトノクラウンは香港ヴァーズ、宝塚記念の勝ち馬。出世レースの弥生賞、東京スポーツ杯2歳Sの覇者でもあり、最高峰・日本ダービーでは3着と上位争いしました。時計の速い決着でも、あるいは道悪でも好戦し、万能な走りを見せました。

母パレスメダーリアは現役時代、中央入着(2着)。祖母マルゼンミケーラの産駒は活躍馬が多く、パレスエースが中央4勝、パレスショットガンも中央4勝、パレスミサイルが中央2勝と、安定感のある母系です。

母の父ハーツクライで、ハーツクライはBMSとしても実績を伸ばしており、今年エフフォーリアが皐月賞を優勝。ケイデンスコール、トロワゼトワル、ヴァルディゼールが重賞を制しています。

本馬は皮膚の薄い馬で、父サトノクラウンやハーツクライの特徴をよく受け継いでいます。素軽い動きで、血統通り芝向きかもしれません。顔には流星があり、サンデーサイレンス系らしさを感じます。

ゴールデンプライズ2020 牡 上場番号835番

イスラボニータ×ゴールデンブライズ 上場番号 835番

父イスラボニータは皐月賞を勝ったG1馬です。芝1400m~2200mで重賞を6勝し、距離適性の幅が広く、阪神カップではレコードで先頭を駆け抜けました。種牡馬としても人気で、初年度から3ケタの交配頭数を記録。初年度産駒は2021年デビューで、さっそくニシノレバンテ、プルパレイが中央で勝ち上がりました。

母ゴールデンプライズは現役時代、中央で2勝。芝・ダートのマイル~中距離で活躍し、3勝クラスの特別戦で3着の実績もあります。現役時は500kg近くあり、パワフルな牝馬です。
祖母タッチフォーゴールドの子孫からは、中山金杯の勝ち馬タッチミーノット、リステッドレース・谷川岳Sの勝ち馬ピークトラム、OP勝ち馬ベストタッチダウンらがいて、活力あるファミリーです。

母の父ホワイトマズルは、BMSとしてスマートレイアー、カツジ、ミッキーグローリー、アスカリーブル、センチュリオンといった数多くの重賞馬がいます。本馬も底力十分の血統と言えます。

本馬の半兄(父ブラックタイド、現2歳)は昨年のオータムセールに上場し、同セールの平均価格を優に上回る715万円で落札となりました。

エヴァンジェリン2020 牡 上場番号768番

アドマイヤマックス×エヴァンジェリン 牡 上場番号 768番

5日間という長丁場のサマーセール2021。1413頭がエントリーした中、唯一のアドマイヤマックス産駒が本馬になります。

アドマイヤマックスは05年高松宮記念の覇者。何度とG1で好勝負し、安田記念ではアグネスデジタルの2着、スプリンターズSではサイレントウィットネスの3着と、国内外の名馬たちと互角の戦いを繰り広げました。

種牡馬としては産駒ケイティブレイブが地方競馬の祭典・JBCクラシックを優勝。他にも、アドマイヤコスモスやメイショウマシュウといった重賞馬を送り出しています。 

母エヴァンジェリンはダイワメジャーの肌で、現役時代は地方で3勝。本馬が初子になります。祖母エヴァディングタンペットは伊1000ギニーの勝ち馬で、Dubai Destinationの活躍産駒の一頭になります。

母の父ダイワメジャーは、孫世代が増えつつあり、BMSとしてはストライプが今年の桜花賞、オークスに出走。ジョエルが今年の東京ダービーで4着に入るなど、代を経てもクラシックに通じる力を発揮しています。